昼寝好男のブログ

日々の経験から役立ちそうな内容を綴ります

MarkdownエディタBearの次期バージョン(V1.7)新機能の紹介

BearはとてもユニークなMarkdownエディタで人気を博しています。Bearの次期バージョンV1.7は大型のアップデートとなるようです。V1.7で予定されている新機能について紹介します。 Bearとは Bearの欠点 次期バージョン(V1.7)の新機能 まとめ Bearとは 最初に…

米国国防総省の定める耐久規格「MIL-STD 810G」(MIL規格)について調べてみた

僕の持っているChromebook(Acer C732T-F14N)は、MIL規格に適合しています。製品紹介のページには次のように書いてあります。 米国国防総省の定める耐久試験「MIL-STD 810G」の高温・低温耐久、防滴、防湿、耐振動、耐衝撃、防塵の項目をクリア。強化ハニカム…

Chromebookでタスクごとのメモリ使用量を確認する方法

Chromebookを使い始めると、それぞれのタスクがどのくらいメモリを使用しているか気になってくるものです。デベロッパーモードにすると確認方法の選択肢が広がりますが、僕を含めほとんど人は標準モードのままで使用していると思います。そこで標準モードで…

Chromebookでプレゼンテーションをする

地域のコミュニティでプレゼンテーションをする機会があったので、Chromebook(Acer C732T-F14N)のみで資料作成からプレゼンまでやってみました。自分への備忘録を兼ねて、その方法をまとめてみました。 プレゼンテーション資料を準備する プレゼンテーション…

ChromebookでWordやExcelなどのMicrosoft Office文書を閲覧・作成する方法

Word, Excel, PowerPointなど、Microsoft Officeで作成した文書を大学や会社で毎日のように取り扱う人は多いと思います。僕も毎日のようにMicrosoft Office文書を閲覧したり作成したりします。できることならば、僕としてはMicrosoft Office文書をプライベー…

Apple Watchのアクティビティ「スタンド」、その根拠は何か?

Apple Watchをつけて1時間ほど座り続けていると「スタンドの時間です!」と表示され、立つよう促されます。Apple Watchの勧めに従って1分ほど歩くと「やりました!」と表示されます。1時間にたった1分歩くだけのアクティビティを勧めてくる理由はなんなので…

Acer C732T-F14Nが我が家にやってきた  〜開梱レビュー〜

予約していたAcer C732T-F14Nが届きました。2月下旬発売予定と書いてあったのですが、予定より早く発売がスタートしたようです。さっそく開梱してみました。梱包は三重になっていて、一番外側の箱は某電機量販店の箱、その中に発送用の箱、そして最後に上記…

Apple Watchをつけて寝るときは、シアターモード+おやすみモードにしよう

自分の睡眠状態を記録するためにApple Watchをつけたまま寝る場合、シアターモードとおやすみモードの両方をオンにすることをお勧めします。 睡眠状態の記録について シアターモードとは おやすみモードとは まとめ 睡眠状態の記録について 僕はApple Watch…

Apple Watchで睡眠状態を記録するには

Apple Watchは単体で睡眠記録を取ることができません(2019年2月10日現在)。以前、Fitbitを使って睡眠記録を毎日取っていた僕はApple Watchでも睡眠記録は取れるだろうと思い込み、予備調査をせずに買い替えました。最初は焦ったものの、Watchアプリをイン…

2代目ChromebookはAcer C732T-F14Nに決めた

僕が所有しているChromebookが2019年6月に自動更新のサポート期限を迎えるので、2代目購入を検討しました。手堅いところでASUS C223NAにしようとしたのですが、タッチパネルを使ってみたくてAcer C732T-F14Nに決めました。 そろそろChromebookの買い替え時 …

kickstarterのリワード受け取りで税関から輸入関税を請求された。どうすればいい?

海外クラウドファンデングでリワード(お礼の品)を受け取るさい、税関から輸入関税を請求されることがあります。このような時、どう対処すれば良いのでしょうか? 海外からのリワード受け取りで輸入関税を請求されることがある そもそも輸入関税とは? 商品…

KickstarterやIndiegogoなどクラウドファンディングにおける詐欺まがい行為を防御するには?

僕はこれまで、KickstarterやIndiegogoなどの海外クラウドファンディングで10回ほどプレッジ(出資)をしてきました。その中で詐欺まがいの行為に巻き込まれたこともあります。僕の経験をもとに、海外クラウドファンディングにおける注意点について述べたい…

21世紀になってもセノンの逆理は解けていない?

セノンの逆理というものがあります。セノンはいくつかのパラドックスを提示していますが、その中でもアキレスは亀に追いつけないというパラドックスが最も有名です。どのようなパラドックスか、Wikipediaから引用します。 あるところにアキレスと亀がいて、2…

Apple Watchの音声入力は使える。レスポンス時間と認識率どちらも申し分ない

Apple Watchを買った当初は音声入力など使うつもりはなかったのですが、試しに使ってみたところ、レスポンスも良く、認識率も実用上問題ないレベルでした。メッセージに対する返信、リマインダーの登録、アイデアの記録など、便利に使えます。 音声入力って…

Apple Watchは活動量計の代わりになるか? 1日24時間装着は可能か?

Appleの公式発表によると、Apple Watchの連続稼働時間は「最大18時間」です。このスペックで、日中の使用と睡眠記録を行うことは可能か、実証報告をします。

SpotifyやAmazon MusicでもApple Watchの音楽再生コントロールはできるのか?

Apple Watchを買おうかどうか悩んでいる時、Apple WatchでSpotifyなどの音楽再生コントロールが可能なのか気になっていました。 Webを検索しても断言しているサイトが見つからなかったのです。 僕と同じような疑問を持つ人がいるかもしれないので、記事にま…

Chromebookありがとう!君は4年間使い続けても爆速だった

僕が所有しているChromebookが2019年6月にサポート期限を迎えます。2015年1月から今まで使ってきましたが、4年経過した今でも軽快に動作します。

Apple Watchを右手に付けて困らない?3ヶ月後の結論

3ヶ月間試行錯誤した結論は「Apple Watchは右手に付けるべし」です。

『論理学』,野矢茂樹 〜 読後レビュー 〜

型付きラムダ計算に関する記述を読んでいたら、論理記号から拝借したという記号にまったく親和感がなく、そういえば自分は論理学についてちゃんと勉強したことがなかったなと思い至り、この本を購入して読んでみた。 この本を選択した理由は3つある。もっと…

『ブラック・レイン』 〜映画レビュー〜

松田優作のハリウッドデビュー作にして遺作となった映画。映画の冒頭、アウトロー役なら任せろとばかりに、マイケル・ダグラス扮する主役刑事の見せ場がある。渋いなぁ、着実な演技だなぁ、などと思って見ていると、松田優作扮するヤクザが登場する。その鬼…

『知性の限界』,高橋昌一郎 〜 読後レビュー 〜

『理性の限界』に続く「限界」シリーズ第二弾。本書は「言語の限界」、「予測の限界」、「思考の限界」の3章構成になっている。高橋昌一郎は、本書においても「限界」に関する広範な知識を余すところなく発揮しつつ、それでいて軽いノリの「シンポジウム」の…

『麗しのサブリナ』, 『ティファニーで朝食を』, 『シャレード』〜映画レビュー〜

僕がまだ小さい頃、実家の壁にきれいな外人の白黒写真が貼ってあった。その白黒写真に写っていた女性がオードリー・ヘプバーンだと知ったのは、僕が成人した後だった。 2013年、オードリー・ヘプバーンをフルCGで再現した、GalaxyというチョコレートのCMが話…

『論理哲学論考』,ウィトゲンシュタイン 〜 読後レビュー 〜

ウィトゲンシュタインは、言語(どこの国の言語でもよい)で記述しうる表現範囲の広さに絶大な信頼を置いている。言語は世界をくまなく写し取り、また世界に存在しないものまでを表現しうる能力を備えている。言語は、すべての思考を表現し、あるいは思考と…

『華氏451度』,レイ・ブラッドベリ 〜 読後レビュー 〜

華氏451度は「本のページに火がつき、燃え上がる温度」であり、摂氏に換算すると233℃となる。天ぷら油の高温が180℃くらいなので、紙というのは意外と発火しやすい物質なのだとわかる。 さて本書は、書物を所持することが禁止された社会を描く。この社会では…

『これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学』,マイケル・サンデル 〜 読後レビュー 〜

2010年に出版され、かなり話題になった本。ベストセラーになった本なので気軽に読めるのかなと思って読み始めたが、頭を働かせて読まないときちんと理解できない。とはいえ本書が取り上げている内容の難易度を考えたら、豊富な具体例を提示しながらわかりや…

『マーガレット・サーッチャー 鉄の女の涙』 〜映画レビュー〜

マーガレット・サッチャー、イギリス第71代首相である。この映画が公開されたとき、サッチャーは存命していた。認知症を患い、幻覚や幻聴があり、首相時代の記憶も薄れてきていたという。 この映画は、年老いて記憶も覚束なくなったサッチャーの回想という形…

『J・エドガー』 〜映画レビュー〜

ハリウッド娯楽映画を期待して観に行くと、見事に期待を裏切られる。 映画の主役、J・エドガーは、日本人にはFBIのフーバー長官と言われた方が、どこかから記憶が蘇ってくるのではないだろうか。エドガーは、自身の信念に基づいて、政府から独立した機関で…

お問い合わせ

Loading...