昼寝好男のブログ

日々の経験から役立ちそうな内容を綴ります

『知性の限界』,高橋昌一郎 〜 読後レビュー 〜

『理性の限界』に続く「限界」シリーズ第二弾。本書は「言語の限界」、「予測の限界」、「思考の限界」の3章構成になっている。高橋昌一郎は、本書においても「限界」に関する広範な知識を余すところなく発揮しつつ、それでいて軽いノリの「シンポジウム」の実況を通じ、読者を限界に関する魅惑の世界に引き入れていく。

「言語の限界」では、ウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』を例にとって、世界と言語との写像が可能かどうかが思考可能かどうかの線引をするという考えを紹介する。その後でウィトゲンシュタインの自己矛盾に言及する。自己矛盾とは、「語りうることは明らかに語りうるのであって、語りえないことについては沈黙しなければならない」という『論理哲学論考』における有名な言説こそ、世界との写像になっていないのだから「無意味」であり、したがってウィトゲンシュタインの哲学そのものも「無意味」なのではないかという指摘である。

ところがややこしいことに、ウィトゲンシュタイン自身もそのことに気づいていた。著者は『論理哲学論考』の次のような文章を引用することによって、自己矛盾を巧妙に解消しているとする。

「私の命題は、それを理解する読者がそれを通り抜け、その上に立ち、それを見下ろす高さに達したとき、最後にはそれが無意味であると悟る。(いうなれば、梯子を登り終えた後に、その梯子を投げ捨てなければならない。)読者は、私の命題を克服しなければならない。そのとき読者は、世界を正しく見るだろう」

僕も『論理哲学論考』を読んだことがあるが、『あの一節はそういう意図を持っていたのか!』と腑に落ちた。

さて本章では、次に後期ウィトゲンシュタインの考え(言語ゲーム)に触れつつ、科学的世界把握の盛り上がりとその破綻について述べる。ここで前著に出て来たゲーデルの不完全性定理とリンクするわけだ。著者は言う、<皮肉なことに、ウィーン学団の「論理学という武器」によって、論理実証主義の理想が破壊されたのです>と。

続いて著者は、人間は自分たちが使用している言語の支配を受けているというサピア・ウォーフの仮設を提示する。たとえば同じ虹を前にして、日本人はそこにくっきりと7色の存在を識別するが、アメリカやイギリスなどの英語圏では6色を識別するという、興味深い話題を紹介する。

その後著者は、ある観測結果一式を説明する理論は一意に定まらないという「理論の決定不全性」に触れた後、ソーカル事件に始まるサイエンス・ウォーズにスポットを当て、言語信仰を破壊して章を閉じる。

第2章では、科学がそれに立脚している帰納法にそもそも理論的根拠などないという話に端を発し、「予測の限界」のあれこれを紹介する。第3章では、宇宙を支配する物理定数がちょっとでも違っていたら知的生命は生まれなかった、まるで宇宙は知的生命を生じさせるために微妙なさじ加減で自己組織化しているかのようだという導入から始まり「思考の限界」について論じていく。

前著と比較するといささか発散気味のきらいがあるものの、電車の中で読んでいて、うっかり下車駅で降り損ねそうになるほど面白い。知的好奇心を刺激されたい方にお勧めしたい。