昼寝好男のブログ

日々の経験から役立ちそうな内容を綴ります

Apple Watchの音声入力は使える。レスポンス時間と認識率どちらも申し分ない

笑顔の画像

Apple Watchを買った当初は音声入力など使うつもりはなかったのですが、試しに使ってみたところ、レスポンスも良く、認識率も実用上問題ないレベルでした。メッセージに対する返信、リマインダーの登録、アイデアの記録など、便利に使えます。

音声入力って使えるの?

僕は長年iPhoneを使ってきましたが、音声入力を使ったことがありませんでした。そもそもiPhoneを使って何か入力するときはたいてい周りに人がいるし、音声入力をするなんて恥ずかしいという思いもあって、試してすらみませんでした。

ところがApple Watchの場合はちょっと状況が異なります。iPhoneを使っているとき、Apple Watchへの通知は届きません。そういう仕様なのです。iPhoneがロックされている時だけApple Watchに通知が来ます。このため、Apple Watchに通知が届くのは歩いている時が多いのです(あくまで僕の場合)。

iPhoneだけだとそもそも通知に気がつかないか、気がついたとしても移動中なので後で返信をすることがほとんどでした。緊急性が高く返信をしたほうがいい場合には、どこか邪魔にならないところに立ち止まってiPhoneから返信していました。

ところがApple Watchを使っている場合は、時計に向かって喋るだけで簡単な返信ができます。どうせ使い物にならないだろうと思いつつ試してみたところ、反応も早く、認識率も実用レベルでした。

メッセージへの返信

たとえばApple WatchにLINEの通知が来たとします。
LINE通知画像

画面をタップすると、メッセージの内容が表示されます。
LINEメッセージ

「返信」をタップすると次のような画面になり、スタンプまたは定型文で簡単な応答をするか、音声入力をするか選択できます。
返信画面

マイクのアイコンをタップすると、音声入力画面になります。
音声入力

この例では文の区切りに「。」がないですが、「まる」と発音すると句点が入力できます。「、」に関しては「てん」と発音すると読点になります。僕の場合、Apple Watchから入力していることに気づいてもらいたいので、あえて句点や読点を省きます。そうすることで、万が一失礼があった時に大目にみてもらえるのでないかという期待があります。

余談ですが、改行もできます。この場合は「かいぎょう」と発話すればOK。

Evernoteでメモも取れる

メッセージへの返信に音声入力を使ってみて、十分実用に耐えることがわかったので、音声入力の活用範囲が広がりました。次の画像はEvernoteのWatchアプリでメモを取っている事例です。 「王を除かねばならぬ」となるべきところが「王除かねばならぬ」となっています。簡単な会話文と違い、散文入力ではこのような誤認識は発生することを理解の上で使う必要があります。 Evernoteでメモを取る画像

僕は、ちょっとした思いつきやメモを取るのにEvernoteを使っています。この他、音声入力を使って標準アプリのリマインダーを入れることもあります。

音声入力は使える

室内や電車の中で音声入力をするのに抵抗がある人でも、雑踏の中を歩いている時に短い発話で音声入力をするのには抵抗がないのではないかと思います。片手を持ち上げて時計に対して話しかけていても、誰も気にしません。僕の経験上、ハンズフリーで電話をしている時よりも注目を集めません。

一度、音声入力の快適さを知ってしまうと、iPhoneでも音声入力を活用するようになってきました。ブログの下書きを書く時などに活用しています。